小学校受験で失敗しないために│1年前から始めるべき準備

幼女

幼児教室に通うメリット

教師と生徒

幼児教室では、子どもの吸収力が高いうちに、ある程度の学習をさせることによって、知性や感性などを高めることが出来ます。
人間の脳は、右脳が物事を認識しそれがどんなものであるかを理解する知覚や、何かを感じ取ったりする感性、感情などを、左脳が物事の順序や仕組みを理解する分析力や論理的な思考力、理性などを司っています。また、3歳までは右脳、その後は左脳が発達しやすいといわれているため、感性や知性を育てたいのであればなるべく早くから教育させる必要があります。しかも、幼児期における脳の発達の割合は、一生分の発達率の9割に相当するため、乳・幼児期の脳への刺激が、子どもを天才児に育て上げる可能性を生み出すのです。
幼児教室では、子どもの年齢に合わせて、フラッシュカードを用いて認識力を高めたり、集団で何かの活動をさせることによって、協調性や他者に対しての接し方などを身につけさせたりすることが可能です。脳は刺激すればその分発達・成長しますから、日々が刺激的であればあるほど、子どもはたくさんのことを学びます。幼児教室に通わなくても、ある程度の発達は出来ますが、餅は餅屋。幼児教育について専門的なことを勉強している講師に任せることで、より良い発達を期待出来ます。さらに、保護者も一緒に幼児教室に通うことで、教育に必要なことや心構え、勉強法を学ぶことが出来るのです。保護者と一緒に通えば、子どもも安心な上、保護者同士の情報交換も出来るため、トラブルもグッと減らせ、うまく対処出来るようになります。幼児教室は、子どもだけでなく保護者のメリットにも繋がる親子のための施設なのです。

Copyright © 2016 小学校受験で失敗しないために│1年前から始めるべき準備 All Rights Reserved.